ガラス容器包装の生産量は増え続けていますが、良いのか悪いのか。

他の包装材料と比較して、ガラス包装容器には、包装に関して次の利点があります。まず、ガラスの材料特性はほとんどの化学物質と接触しても変化せず、包装食品への包装汚染がありません。第二に、ガラス容器は耐食性と耐酸性に優れており、酸性物質の包装に適しています。第三に、ガラス包装容器は優れたバリア性と密封効果を備えており、食品の貯蔵寿命を効果的に延ばすことができます。第四に、ガラス包装は高い透明性と可塑性があり、さまざまなニーズに応じてさまざまな絶妙な形状に加工することができます。上記の特性と利点に基づいて、ガラス包装容器は、さまざまな飲料、食品調味料、化学試薬、およびその他の日用品の包装および保管において幅広い用途と良好な市場需要があり、ガラス包装容器の生産量も増加しています。 。New Thinkingが発表した「2017-2021ガラス容器産業の詳細な市場調査および投資戦略推奨レポート」は、私の国のガラス包装容器の全体的な生産量が継続的な成長を維持していることを示しています。2014年から2016年までの私の国のガラス包装容器の累積年間生産量は1,975万トンでした。、2,047万トンと2,208万トン。
 

5

 
ガラス包装容器は、長い歴史を持つ国民経済の伝統的な産業です。ガラス容器産業の存続と発展は、人々の日常生活と関連する裾野産業の発展に直接影響を及ぼします。ガラス容器の主な原料は石英砂、ソーダ灰、割れたガラスであり、主なエネルギー源は電気、石炭、天然ガスです。その中で、石英砂とソーダ灰は、ガラスを形成するための化学反応の基本的な原料です。洗浄後、カレットは直接炉に加えられ、物理的に溶けて溶けたガラスを形成し、それを再利用してガラス包装容器を作ります。電力の供給方法に応じて、炉炉は電気窯、石炭窯、天然ガス窯に分けることができます。上流の原材料とエネルギーは、ガラス包装容器の製品品質と製造コストに直接影響します。現在、石英砂やソーダ灰などの上流産業は、ガラス容器産業の通常の生産ニーズを満たすのに十分な供給能力を持っています。
 
 
ガラス包装容器は、安定した化学的性質、押し出し防止、優れたバリア性とシーリング性などの利点があり、さまざまな種類のワイン、食品調味料、化学薬品の包装と保管において幅広い用途と市場の需要があります。試薬やその他の日用品。業界アナリストは、ガラス容器製品に対する川下産業の需要がその生産と販売を直接決定すると述べた。たとえば、ビールの消費には季節的なオフピークシーズンがあり、酒類市場における酒類に対する消費者の需要も比較的弾力的です。したがって、飲料ボトルの需要には一定の季節があります。セックス;缶詰食品の生産のピークシーズンは、多くの場合、食品の成熟期であり、それに対応する缶詰ボトルの需要も季節的な増加を示します。また、川下産業の顧客需要は堅固な特性を持っているため、ガラス包装容器には明らかな周期的特性がありません。


投稿時間:2021年12月23日